Home > アーカイブ > 2020-01

2020-01

阪神淡路大震災・被災度別建物分布状況図

1995年の阪神・淡路大震災では,関西の建築・都市計画の研究者が中心となって,建物被災状況の悉皆調査が行われた。多くを建築系の学生が調査した。
今年,そのデータがデジタルマップとして公開されている。
阪神・淡路大震災25年 災害デジタルアーカイブ」

現在の地図と比較できるので,特に区画整理事業が行われた六甲道,森南などのエリアは,バーをスライドさせながら見ると良い。

全文を読む

1.17_阪神淡路大震災25年

5年に一度,行っている「1995年1月17日午前の自分の行動」の足跡のトレースを決行。朝4時に起きて,和歌山から神戸へ。9時に神戸を出て,2限の授業に間に合うように帰ってくる。

5時40分頃に現地入り。まだまだ暗くて写真が撮れない。
同じ道を同じような時間に順番に回り,同じ場所でシャッターを切る。

まちがどうなったのか,復興とはなんだったのかを考える。

あまり考えていなかったが,当日このルートを通ったのは,友人たちの家を順番に巡ったからなのであろうことを,今さら思い出した。竹内と岩本の家に向かったんだな,と。泉荘,エコーハウスなどにも向かったようだ,と。

1995年1月17日
2020年1月17日
全文を読む

あけましておめでとうございます(林檎・長野県産)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2020-01

検索
フィード
メタ情報

Return to page top