Home > 建築と場所 > 丹下健三とラルフ・アースキンの訃報

丹下健三とラルフ・アースキンの訃報

モダニズムの土着化、という視点ではとても重要な二人の巨匠が亡くなりました。
丹下健三については藤森照信が非常に簡潔に的確なコメントを出していたです。「これで昭和にひとつの区切りが出来た」、「これからは、丹下ほど時代とシンクロするような建築家は出ないだろう・・」(引用不確か)など・・・by asahi.com
ラルフ・アースキンは、あまり有名ではないけれども、大好きな建築家で、いくつかの特集や書籍を集めている。今月号のA+Uは、半ば追悼号のようになってしまった・・・(ケン・オオシマ氏の主編集号。オオシマさんのチョイスは、とても私の興味とシンクロするなぁ。なんでだろ?)
なお、アースキンの最初の個人作品集は「都市住宅」なのだそうです。

コメント:3

西 天平 05-03-24 (木) 14:23

丹下健三が死んだことよりも、ラルフアースキンが死んだことのほうがショックです。
しかし最近作は、ずいぶん傾向がちがっているそうですね。ヤコポがロンドンの近郊で見たアルクという作品は、船みたいな建物だったとか。

takayuki_hirata 05-03-24 (木) 22:31

最新号のA+Uが、アースキン特集号です。最近の木造が載っています。船みたいと言えば、そうですね。インドネシアの集落みたいでした。
そだ、
ドヂチブログ、見えません・・・

西 天平 05-03-25 (金) 10:13

すいません。ドディチのブログはただいまお休み中です。実はniftyとの契約を間違って個人契約でしてしまい、しかも名義が法人だったので、登録内容不備ということでアクセスできなくされてしまったのです。今、改めて法人契約をして、前のサイトを再開してもらえるように手続き中です。今しばらくお待ちください。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://poly-tan.com/130/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
丹下健三とラルフ・アースキンの訃報 from poly-tanked cosmos

Home > 建築と場所 > 丹下健三とラルフ・アースキンの訃報

検索
フィード
メタ情報

Return to page top