Home > アーカイブ > 2014-01

2014-01

1.17_阪神淡路大震災19年

阪神淡路大震災後に被災者支援を行なう山口組。本部前にて撮影

阪神淡路大震災後に被災者支援を行なう山口組。本部前にて撮影

広域指定暴力団・山口組の本部は神戸市灘区の山の手にある住宅街にあります。阪神淡路大震災では倒壊率の低い地区で,震災の直接被害はあまりなかったと思います。1980年代は山口組の組長をめぐる抗争が頻発し,一般市民が巻き込まれて死者も出ており,警察が24時間の監視していました。暴力団排斥を訴える住民運動もありました。

さて,その山口組ですが,阪神淡路大震災直後に,かなりのボランティア活動を行なっていました。全国的な暴力団組織のお膝元ですから,トップの号令で「いざ鎌倉」とばかりに構成員が集まったのでしょう。自衛隊さながらにキビキビと,黙々とボランティアに精を出していました。パンチパーマの男たちが、紙おむつを運ぶ光景はとても印象的でした。

全文を読む

あけましておめでとうございます(金時にんじん・和歌山産)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。(金時にんじん・和歌山)

 

年賀状は「金時にんじん」です。
午年やから・・・。

年末はいろいろとございまして,元旦のお昼に配偶者の実家(滋賀県甲賀市)へ帰省。そこで作画印刷投函です。
子どもがたくさん集結して作業は深夜のみ。

遅くなったけど,アップいたします。

金時人参の色って難しいんやね。あの独特の色は,内部の茶色いオレンジ色と表皮の白色によって構成されていて,単色では表現できないことがよくわかりました。

これまでの年賀状シリーズは、こちらです。

 

Home > アーカイブ > 2014-01

検索
フィード
メタ情報

Return to page top