Home > アーカイブ > 2012-11

2012-11

1953年の「コアハウス復興住宅」、59年後の姿

有田川町三田の災害復興公営住宅(1953)

この住宅、1953年に和歌山県中部を襲った、7.18水害(ニッパチ水害、紀州大水害とも言われる)の復興公営住宅です。

ただ、復興公営住宅だったのは、青くペンキ塗りされたセメント瓦の部分のみで、その後大きく拡張され、今では周辺の民家と同じような佇まいになっています。

おもしろいでしょ?

全文を読む

段ボールとクリップでフラードーム

段ボールでフラードーム、クリップ止め

和歌山大学の「秋のオープンキャンパス」にて、フラードームを組み立てました。
2007年には、105枚の段ボールを使ったフラードームを小学生と組み立てたが、今回はもっと小さく簡単で安くて、解体出来るものを目指しました。接着しないのが目標。すべてクリップどめ!です。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2012-11

検索
フィード
メタ情報

Return to page top