Home > 環境デザイン教育

環境デザイン教育 Archive

「近代建築」卒業設計特集号・小西正人作品 推薦の言葉

さて,今年の和大の卒業設計。
最優秀が二人。
竹内悠人と小西正人。
「近代建築」に掲載することになったのは,小西。
優劣つかなかったから,彼ら二人で決めたんだとおもう。
学校計画だ。

全文を読む

「近代建築」卒業設計特集号・羽山恭平作品「場の転生」推薦の言葉

ことしの和大の卒業設計のトップは,羽山君。
惜しくも2着に野津君。加納,神田がベスト4ではあるが,それ以下もあまり大きな差はつかなかった。ただ,男女差が結構大きかったかな。
さて,近代建築の卒計特集号の「推薦の言葉」

全文を読む

「近代建築」、卒業設計特集のコメント

今年の和大の卒業設計の「最優秀」は、2名。
世良裕行君の「ゲンカイオフィス」と、
赤木奈々子君の「カベヒトエ」。
けれども「近代建築」に載るのは、一作品だけ。
赤木さんは雑賀崎集落を取り上げていて、これはゼミで継続的に行っている研究とも連動しているし、学会コンペ受賞作品とも(少しだけ)連動している。
(今回の赤木さんの作品も、ATC「創っ展」で優秀賞を受賞!)
ということで、今回は「初登場」の川根集落を取り上げた、世良君の作品にコメントします。

全文を読む

段ボールでフラードーム(D3型)

dan-dome
「ダンドームでドーモ!」(CAP House、2007年8月3日、山崎義人、稲地秀介、室崎千重、平田隆行)
今年も神戸のCAP Houseアート林間学校に参加。
で、ことしは・・・段ボールでフラードーム、だ。

全文を読む

雑誌「近代建築」、卒業設計のコメント

今年も和歌山大の代表の「推薦のことば」を書く。
学生の渾身の作品に十分応えられればよいのだけど、と思いながら書いています。
(やっぱ好きなんでしょうね、卒業設計。)
書く時に注意しているのは、卒業設計の提案を社会の中に位置づけること。
この設計提案が社会にとってどんな意義があるのか、を説明することです。
大抵は、個別の敷地に個別の解答を与えている作品なので、それをもう一度社会に差し戻すのが役割だと思っています。
さて、今年は、和大最優秀賞の山本(恭)くんを評した。

全文を読む

ホーム > 環境デザイン教育

検索
フィード
メタ情報

Return to page top